ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2016年09月21日 08時00分 UPDATE

Apple、「macOS Sierra 10.12」で深刻な脆弱性多数を修正

同時に「macOS Server 5.2」「Safari 10」「iCloud for Windows 6.0」も公開された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは9月20日に公開したOS Xのメジャーアップグレード「macOS Sierra 10.12」で、OS X El Capitanに存在している多数の脆弱性を修正した。同時に「macOS Server 5.2」「Safari 10」「iCloud for Windows 6.0」も公開した。

 Appleのセキュリティ情報によると、macOS Sierra 10.12では計65件の脆弱性を修正した。いずれもOS X El Capitan(10.11.6)が影響を受ける。PHPをバージョン5.6.24に更新して多数の脆弱性に対処したほか、任意のコード実行などに利用される恐れのある深刻な脆弱性が相当数を占めている。

 Safari 10はOS X Yosemite(10.10.5)とOS X El Capitan(10.11.6)向けに公開され、WebKitなどの深刻な脆弱性が修正された。なお、macOS Sierra 10.12にはSafari 10も含まれている。

Photo 深刻な脆弱性が修正されたSafari 10

 macOS Server 5.2はmacOS Sierra 10.12に対応する。危険性が指摘されている暗号アルゴリズム「RC4」のサポートを打ち切るなど2件の問題に対処した。

 iCloud for Windows 6.0はWindows 7以降が対象。細工を施したWebコンテンツを処理させて任意のコードを実行できてしまう脆弱性1件を修正している。

Photo iCloud for Windows 6.0は、任意のコードを実行できてしまう脆弱性1件を修正

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.