ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月23日 12時51分 UPDATE

Twitter、Facebook、Googleが大統領選ディベート生中継で三つどもえ

米大統領戦の最大の山場である両党代表による公開製作討論会(ディベート)をTwitter、Facebook、Google傘下のYouTubeがそれぞれのサービス上で生中継する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米大統領選挙の11月の投票前の最大イベントである両党代表による公開政策討論会(ディベート)を、米Twitter、米Facebook、米Google傘下のYouTubeがそれぞれのサービス上で生中継する。

 第1回のディベートは米東部時間の9月26日午後9時(日本時間の27日午前10時)に開催され、10月4日、9日、19日の計4回が設定されている。

 TwitterはBloomberg Televisionとの提携により、専用サイトでディベート開始の30分前からライブストリーミングする。NFLのストリーミングと同様に、画面の下には関連ツイートが表示される。Apple TV、Xbox One、Amazon Fire TVでも視聴できる。

 debate 1 Twitterのライブページ

 Facebookは米ABC Newsとの提携で、ABC NewsがFacebookページでライブ動画として配信する。

 前回の大統領選でもディベートを生中継したYouTubeは、今回は若者に投票を促す#voteIRLキャンペーンの一環として、PBS、Fox News、The Washington Post、Bloomberg、Telemundoがそれぞれの公式チャンネルでディベートを生中継すると発表した。

 debate 2 YouTubeのvoteIRLのチャンネル

 これらの生中継はいずれも日本からも視聴可能だ。なお、日本ではNHKがBS1で午前10時から放映する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.