ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年09月26日 16時00分 UPDATE

鹿児島・奄美南部で最大震度5弱

9月26日午後2時20分ごろ、鹿児島県奄美南部で最大震度5弱の地震を観測。震源の深さは約40キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定されます。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 9月26日午後2時20分ごろ、鹿児島県奄美南部で最大震度5弱の地震を観測しました。

photo

 26日午後2時20分ごろ、鹿児島県の奄美南部で最大震度5弱の地震がありました。震源地は沖縄本島近海(北緯27.4度、東経128.6度)で、震源の深さは約40キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定されます。

震度3以上の詳しい各地の震度は、次の通りです。

  • 震度5弱 知名町瀬利覚(ちなちょう せりかく)
  • 震度4 瀬戸内町与路島、和泊町国頭、和泊町和泊、与論町茶花
  • 震度3 瀬戸内町請島、瀬戸内町加計呂麻島、奄美市名瀬港町、徳之島町亀津、天城町平土野、伊仙町伊仙、知名町知名、与論町麦屋

 この地震による津波の心配はありませんが、このあとも余震に十分ご注意ください。

 なお奄美地方では昨年も震度5弱の地震を観測しています(鹿児島地方気象台によると、2015年5月22日、奄美市名瀬港町で最大震度5弱を観測)。

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.