ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年09月27日 15時39分 UPDATE

Suicaかざして交通費精算 手入力の手間削減 JR東日本グループ公式「transit manager」

SuicaなどICカードをかざすだけで、鉄道・バスなどの利用実績を読み込めるJR東日本グループ公式の交通費精算サービス「transit manager」が10月1日にスタートする。

[ITmedia]

 ジェイアール東日本企画は9月27日、JR東日本メカトロニクス、ソフトバンク、ビーマップと連携し、Suicaなど交通系ICカードを読み取り端末にかざすだけで鉄道・バスなどの利用実績を読み込める業務用の交通費精算クラウドサービス「transit manager」の提供を、10月1日に始めると発表した。

 駅名や交通費を手入力する手間を軽減し、交通費精算を省力化できるとしている。

画像
画像
画像 対応ICカード

 Suica、PASMO、ICOCAなど、相互利用に対応した交通系ICカードに公式に対応。新駅開業や駅名変更など駅情報の更新にも対応した。

 オフィスに設置した読み取り端末やNFC対応スマートフォンにICカードをかざすと、鉄道・バスの利用実績データを読み込む。モバイルSuicaがインストールされているAndroidスマートフォンなら、カードをかざすことなく直接データの取得が可能だ。

 クラウド上にユーザー専用ページを用意。ログインすると、利用実績を業務用と私用に分けて申請データを作成でき、PDF形式で出力してそのまま印刷できる。データをCSV形式で出力したり、既存の業務システムと連携させることも可能だ。

画像 PCのWebブラウザでの利用イメージ
画像 スマートフォンでの利用イメージ

 申し込むとすぐ利用できる「Standard」プランと、既存の業務システムと連携できるAPIを提供する「Professional」プランの2種類を用意した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.