ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月28日 13時57分 UPDATE

ローソンのLINEアカウント「あきこちゃん」、女子高生AI「りんな」と“合体”

あのローソン「あきこちゃん」が、マイクロソフトの女子高生AI「りんな」のテクノロジーと連携した。

[太田智美,ITmedia]

 ローソンは9月28日、同社のLINE公式アカウント「ローソンクルー♪あきこちゃん」を日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」と連携させたと発表した。りんなの人工知能(AI)技術やクラウドサービス「Microsoft Azure」を活用し、ユーザーとの自然な対話の中でローソンの商品やクーポンを紹介する。


女子高生AI「りんな」とローソン「あきこちゃん」

 あきこちゃんのアカウントでは、りんなで人気の「しりとり」を応用した「ローソンしりとり」(ローソンに関連した用語だけを使うしりとり)ができるほか、占いやゲーム、「近くのローソンを探す」といった機能も搭載。会話の途中で、気まぐれにクーポンを発行してくれることもあるという。


女子高生AI「りんな」とローソン「あきこちゃん」 あきこちゃんとの「ローソンしりとり」

女子高生AI「りんな」とローソン「あきこちゃん」 ときにはクーポン発行も

女子高生AI「りんな」とローソン「あきこちゃん」 他にもいろんな機能が

 りんなといえば、「マジで!? やば!」など“日本の女子高生”をイメージした受け答えができるのが特徴で、時折辛口な応対をすることでも知られる。「あの笑顔がやわらかなあきこちゃんがりんなのような言葉づかいになってしまうのか……」と筆者は不安がよぎったが、「これまでのあきこちゃんのキャラクターを踏まえ、より丁寧で控えめな応対をしてくれる」そうだ。

 実は、ローソンは6月からあきこちゃんアカウントの応答をマイクロソフトのAIに順次切り替え、試験的に運用していたという。その結果、「品質やパフォーマンスなどに問題ない」と判断し、正式提供に至ったとしている。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.