ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年10月03日 15時20分 UPDATE

ソフトバンク、同性パートナーを「配偶者」に

ソフトバンクは社内規定の「配偶者」の定義を見直し、10月1日付で同性パートナーを配偶者に含めるようにした。

[ITmedia]

 ソフトバンクは、社内規定の「配偶者」の定義を見直し、10月1日付で同性パートナーを配偶者に含むことにしたと発表した。多様な人材が活躍できる環境を整えるための施策の一環。

 社員は、必要な書類を提出し、受理されれば、同性パートナーを配偶者として、配偶者を持つ社員を対象とした休暇や慶弔見舞金などの社内制度の適用を受けられる。

 同性パートナーを配偶者と認めるIT企業は増えており、これまでにも楽天やはてなが同様な施策を発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.