ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月03日 20時08分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2016:「♪ご飯? お風呂? 私?」――“ボカロ曲”歌うロボット掃除機「COCOROBO」、シャープが開発

VOCALOID曲を歌うロボット掃除機「COCOROBO」を、シャープがCEATEC JAPAN 2016に出展。ユーザーの気分を読み取って選曲するほか、自動作曲機能も搭載予定。

[片渕陽平,ITmedia]

 シャープは、ロボット掃除機「COCOROBO」のVOCALOIDコラボレーションモデルを「CEATEC JAPAN 2016」(10月4〜7日、千葉・幕張メッセ)に参考出展する。ユーザーの好みに合わせ、VOCALOID曲を歌いながら掃除するという。

photo

 COCOROBOは、音声会話でコミュニケーションを楽しめるロボット掃除機。人工知能「ココロエンジン」を搭載し、充電量や掃除の状況によって“気分”が変化。言葉やアクションなどを組み合わせて多彩な反応をするのが特徴だ。

 コラボモデルは、ロボット掃除機の中にオリジナルVOCALOIDキャラ「COCOROBO」が住んでいる――という設定。ヤマハとシャープが共同開発したVOCALOIDライブラリと、シャープの音声会話技術「COCORO MUSIC A.I.エンジン」を使い、例えば、ユーザーが「ただいま」と話しかけると「ご飯? お風呂? 私?」と返事をしたり、「どうしたの?」と聞くと「ダストボックスがいっぱい♪」と鼻歌を歌ったりする。

 会話中に感じ取ったユーザーの気分や天気などに応じ、バラード、ラブソング、ゲームミュージックなどのVOCALOID曲を歌う仕組みも。再生後のユーザーの評価や感想を学習し、より好みに合う選曲をするようになるという。

 参考出展しているコラボモデルには「ラブリーアンサンブル」(れるりり)、「ハナウタ日和 掃除・洗濯・家事・ワタシ」(40mP)、「cocorovoice」(tilt-six)、「ALL*DAY*LUV」(U-ske)、「ASHIOTO」(赤髪)の全5曲が収録されていた。COCOROBOオリジナルキャラのデザインは漫画家の霜月絹鯊さん、声は声優の木戸衣吹さんが担当している。

photo 参考出展のコラボモデルには全5曲を収録

 今回の出展では披露していないが、ユーザーが好きな歌詞やせりふを入力すれば、自動で作曲してくれる機能も搭載予定という。製品化時期は未定だが「なるべく早く実現したい」(シャープの説明員)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.