ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月04日 14時50分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2016:“肌に触れると光るスカート”にドキドキ 人体通信を使った「電飾ドレス」を見てきた

パナソニックブースでは、相手の体に手を触れるだけでデータをやり取りできる“人体通信”を用いた「電飾ドレス」のデモを出展している。

[山口恵祐,ITmedia]

 相手に手を触れるだけでデータをやり取りできる――「CEATEC JAPAN 2016」(10月4〜7日、千葉・幕張メッセ)のパナソニックブースでは、人体通信を応用したデバイスの技術デモンストレーションを出展している。

photo

 人体通信とは、人の体の周囲に電界を発生させ、電気信号を変調し、情報をやり取りする通信形態。相手の体に触れる必要があるため、電波傍受の心配がなく、認証を簡素化できる可能性があるとされている。

 会場では、人体通信を用いた「電飾ドレス」をコンパニオンの女性が着用。用意されている6色のリストバンドを装着し、女性と握手すると、スカートの電飾がそれぞれの色に変化するデモを見ることができた。

 この技術を応用すれば、「手をかざすだけで改札を通過」「ハイタッチでポイントカードの利用やクーポンの発行」「握手で名刺交換」「CDショップで商品に触れるだけで視聴」といった利用シーンが期待できるという。

 電飾ドレスの開発には、ウェアラブルサイネージ衣装の製作などを手掛けるサークル「テクノコスプレ研究会」が協力。同サークルは電飾のハードウェア制御を担当したという。

photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.