ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月06日 14時17分 UPDATE

コナミとセガ、ゲーセンで「Suica」「楽天Edy」など使えるサービス 今秋から試験導入

コナミとセガが、ゲームセンターなど向けに、「Suica」「楽天Edy」「PASELI」などの電子マネーに対応する決済サービスを開発。今秋から一部店舗に試験導入するという。

[ITmedia]

 コナミデジタルエンタテインメントとセガ・インタラクティブは10月6日、アミューズメント施設向けに、1台の決済機器で「Suica」「楽天Edy」などさまざまな電子マネーを使えるサービスを開発したと発表した。

photo 開発中の決済機器

 「Suica」などの交通系電子マネーに加え、「楽天Edy」「nanaco」「WAON」「iD」「QUICPay」といった流通系電子マネー、コナミが独自に展開する「PASELI」――などを、1台の決済機器で使える。今秋から一部店舗で試験導入し、全国のアミューズメント施設に順次展開するという(「iD」「QUICPay」のサービス開始時期は未定)。

photo 利用可能な電子マネーの一覧

 専用回線を使わず、アミューズメント施設の既存ネットワークインフラ「e-AMUSEMENT」や「ALL.Net」を転用できるなど、導入時のコストを最小限に抑える工夫も凝らすとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.