ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月12日 15時30分 UPDATE

「フラッシュ撮影でゾンビが写り込む」――サッポロビールが新宿駅で世界初の屋外広告

スマートフォンなどのカメラでフラッシュ撮影をすると、肉眼で確認できない絵が浮かび上がる――サッポロビールが新宿駅で「リフレクト印刷S」を利用した屋外広告を展開中だ。

[ITmedia]

 スマートフォンなどのカメラでフラッシュをたいて撮影を行うと、肉眼では見えないビジュアルが写真に映り込む―――そんなユニークな屋外広告を、サッポロビールが東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードで実施している。期間は10月10日から16日まで。

photo

 「麦とホップ The HALLOWEEN -FLASH GHOST‐」と題した新製品プロモーションの一環。フラッシュ撮影すれば、ハロウィンをテーマとした不気味な背景に、数多くのゴーストやゾンビなどが写り込む。

 東京リスマチックが新開発した印刷技術「リフレクト印刷S」を活用。夜間の看板や標識、作業員の安全確保などで使われてきた発光印刷技術を発展させた新しい印刷方式で、1枚の印刷面について“通常時”と“強い光を反射する時”に映し出す情報を変えられる特徴を応用したという。

 屋外広告にリフレクト印刷Sを採用するのは世界初(東京リスマチック調べ)。サッポロビールは新たな印刷表現としてSNSへの誘導や拡散を狙うとしている。

photo フラッシュ撮影時
photo 実施場所

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.