ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年10月14日 11時42分 UPDATE

ソフトバンク、10兆円規模のファンド設立へ テクノロジー企業に出資

ソフトバンクグループが海外の大手投資家ともに10兆円規模のファンド設立へ。世界のテクノロジー分野に出資する。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループは10月14日、世界のテクノロジー企業への出資を目的としたファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(仮称)を設立すると発表した。同社と海外の大手投資家が出資し、最大で1000億ドル(10兆円)規模になる可能性があるという。

 ソフトバンクグループは、今後5年間で少なくとも250億ドル(約2.6兆円)を出資。さらに、サウジアラビアの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド」が今後5年間で最大450億ドル(約4.7兆円)出資することを検討しており、ほかにも複数の大手投資家と協議中という。

 ファンドの運用は、ソフトバンクグループの英国子会社が担当する予定。同社は投資先企業との提携を通じ、グローバルな成長戦略を加速させるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.