ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年10月26日 10時58分 UPDATE

富士山の初冠雪 平年より26日遅く

富士山が初冠雪。平年より26日遅く、昨年よりは15日遅い観測です。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 きょう午前6時26分に、甲府地方気象台から、富士山の初冠雪の便りが届きました。平年(9月30日)より26日遅く、昨年(10月11日)より15日遅い観測です。また、これまでの最晩記録1956年10月26日と並びました。

photo

富士山 遅い初冠雪

 きょう午前6時26分に、甲府地方気象台から、富士山の初冠雪の便りが届きました。平年(9月30日)より26日遅く、昨年(10月11日)より15日遅い観測です。また、これまでの最晩記録1956年10月26日と並びました。山梨県では、きのう(25日)、気圧の谷が通過したため、雨が降りました。標高の高い富士山では終日氷点下で経過したため、山頂付近で雪となり、積もりました。初冠雪とは山の中腹から山頂で雪が積もり、ふもとの気象台から初めて見えたときをいいます。

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.