ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年10月26日 11時47分 UPDATE

Uber傘下のOtto、自動運転トラックでバドワイザーの缶ビール5万本の運送を完了

UberがVolvoと共同開発したOttoの自動運転トラックが、約193キロの道のりをバドワイザーの缶ビール5万本を運んだ。高速走行中は、ドライバーは運転席に座らずにシステムを監視した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Uber傘下の自動運転トラックメーカーOttoは10月25日(現地時間)、ドライバーなしの自動運転長距離トラックで約5万本の缶ビールを運送することに成功したと発表した。コロラド州当局の協力により、フォートコリンズからコロラドスプリングスまでの120マイル(約193キロ)を人間の介入なしに走破した。

 otto 1 バドワイザーのビールを運ぶOttoの自動運転トラック

 Uberは8月、Ottoを買収し、スウェーデンVolvoと自動運転トラックを共同開発する計画を発表した。

 ドライバーは乗車していたが、州間高速道路25号線を走行中は運転席ではなく、車内の仮眠スペースで自動運転システムを監視していたという。

 このテスト走行は、バドワイザー製造元の米Anheuser-Buschの協力で実施した。

 otto 2 特別ラベルのバドワイザー缶

 Ottoのトラックでの運送を試したい企業はUber Freightのページから申し込める。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.