ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月27日 11時57分 UPDATE

PS4向け高機能コントローラー、Razerがホリデーシーズンに投入

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の欧州子会社が、PlayStation 4(PS4)で使えるサードパーティー製無線コントローラーがホリデーシーズンに発売されると発表した。ゲームPCや周辺機器で知られるRazerと欧州のゲームツールメーカーRaconがそれぞれ発売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の欧州子会社SIEEは10月26日(現地時間)、PlayStation 4(PS4)向けのサードパーティー製コントローラー2モデルを発表した。米ゲームPCメーカーのRazer製「Raiju」と仏Naconの「Revolution」で、いずれも純製の「DualShock 4」にはない機能を備える。

 control 1 Razer RaijuとNacon Revolution

 ホリデーシーズンに欧州で発売の予定で、価格はまだ発表されていない。日本でも販売するかどうかは不明だ。

 Razer Raijuは、eスポーツ向け周辺機器で定評のあるRazerが、その技術を生かして開発したPS4専用の“トーナメントグレード”のコントローラー。2つのバンパーと、着脱可能な2つのトリガーが追加され、前面にコントロールパネルが組み込まれている。高速なレスポンスのためのトリガー停止スイッチと“hair trigger”モードを備えるなど、トーナメント向けの工夫が施されている。

 control 2 Razer Raiju

 Nacon Revolutionのスペック詳細は、こちらのページを参照されたい。

 SIEEは、目的に合わせてコントローラーを選んでほしいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.