ニュース
2016年10月28日 21時21分 UPDATE

新型13インチMacBook Pro (Retina, Late 2016) のCPU、GPU、ディスク性能をベンチマーク

MACお宝鑑定団がいち早く新型MacBook Proのベンチマークを実施した。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Geekbench 4を使って「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2016)」のベンチマークを計測してみた。

photo Geekbench 4

 比較データとしては、MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)など、店頭販売仕様で計測したGeekbench 4計測データを使用している。

 MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2016)/Core i5 2.0GHzを、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)/Core m3 1.1GHzと比べた場合約1.35倍、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)/Core i5 2.7GHzと比べた場合同等性能という結果だった。

 Core i7との性能差は開くが、低クロックながら高性能だと分かる。

Geekbench 4データ:

 GeekbenchではGPU回りの計測ができないので、次にXbenchを使って、グラフィックスまわりのみのベンチマークを計測してみた。

photo Xbench

 計測に使ったMacは「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2016)/Core i5 2.0GHz」。GPUは、CPU性能にもある程度依存する。

 Blackmagic Designのディスクベンチマーク「Blackmagic Disk Speed Test」を使用して内蔵フラッシュディスクのベンチーマークを計測してみた。

photo Blackmagic Disk Speed Test

 搭載されていたフラッシュストレージは、NVM Express接続(リンク幅x4 リンク速度8.0 GT/s)の「APPLE SSD AP0256J」(256GB)で、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)のNVM Express接続(リンク幅x2 リンク速度8.0 GT/s)の「APPLE SSD AP0256J」(256GB)よりも速く、Write 1323.3MB/s(約1.95倍)、Read 2286.0MB/s(約2.7倍)という性能が出ていた。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -