ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月03日 18時47分 UPDATE

デスクトップ向け「Chrome 55」の安定版リリース HTML5デフォルト化は延期に

Googleがデスクトップ版Chromeをバージョン55にアップデートした。予告されていたFlashブロック強化(HTML5を優先する)は2017年1月末予定のバージョン56に延期された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月1日(現地時間)、Webブラウザの安定版となる「Chrome 55」(バージョン55.0.2883.75)をWindows、Mac、Linux向けに公開したと発表した。今後数日から数週間かけてローリングアウトしていく。

 chrome 55

 このアップデートで予告されていたHTML5のデフォルト化は、2017年1月末予定のバージョン56に延期された。

 Chromeのテクニカルプログラムマネジャー、アントニー・ラフォージュ氏はChrome開発のGoogleグループで、Flashを利用するWebオーナーにより長い移行期間を与えるためと説明した。

 HTML5のデフォルト化とは、Flash Playerに対するChromeのデフォルトの反応を変更し、HTML5でFlashの機能を実現できるWebサイトについてはHTML5の方を優先するというもの。

 5月の段階のGoogleによる説明によると、Flashが必要なWebサイトでは、ユーザーがChromeのアップデート後に初めて閲覧した際にFlashの実行を許可するかどうかをユーザーに選択してもらう画面をまず表示する。いったんFlashの使用を選択すれば、Chromeがその設定を記憶して、そのドメインでは以後、選択画面は表示されなくなる。

 バージョン55へのアップデートでは、危険度が同社の4段階評価で上から2番目に高い「高」に分類される12件を含む36件の脆弱性が修正された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.