ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年12月08日 17時01分 UPDATE

KDDIがビッグローブを子会社化 総額800億円で

親会社の日本産業パートナーズなどと株式譲渡契約を締結した。

[ITmedia]

 KDDIは12月8日、ISP事業を展開するビッグローブを完全子会社化すると発表した。親会社の投資ファンド・日本産業パートナーズから総額約800億円で2017年1月末をめどに株式譲渡を受ける契約を締結したという。

photo

 買収により「それぞれの顧客基盤・事業ノウハウなどを活用することで、通信領域のみならず、決済、物販事業など非通信領域においても両社のシナジーによる事業拡大を図る」としている。

 ビッグローブの中川勝博 代表取締役執行役員会長兼社長は「お客さまに現在提供しているサービスやキャンペーンについては、従来と変わることなく、引き続きご利用いただけます。これからも『ビッグローブ』をご愛顧くださいますよう、お願い申し上げます」と同社Webサイトで表明した。

photo

 ビッグローブは16年9月末時点で200万人超の会員を抱えるインターネット接続サービス提供事業者。06年に「NECビッグローブ」としてNECから分離して会社化し、14年、NECが日本産業パートナーズに売却していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.