ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月09日 17時36分 UPDATE

「宇宙兄弟」の2次創作グッズ販売、権利者が“公認” メルカリで1月から

「宇宙兄弟」のイラストなどをあしらった2次創作グッズを権利者公認で販売できる仕組みが、「メルカリ」で来年1月にスタートする。

[ITmedia]

 漫画「宇宙兄弟」のイラストなどをあしらった2次創作グッズを権利者公認で販売できる仕組みが、フリマアプリ「メルカリ」で来年1月にスタートする。

画像 素材例
画像 グッズ例
画像 専用の公認ロゴ

 宇宙兄弟の著作権を管理するコルクが、メルカリ内の「宇宙兄弟」カテゴリでのみ2次創作グッズを販売できるライセンスを提供。グッズ制作に使える素材も提供する。グッズには専用のロゴを付ける必要があり、同人誌やアニメの販売は認めない――などのルールがある。

 商品が売れれば、10%のライセンス料をコルクが受け取る。メルカリの手数料は別途10%かかる。

 12月9日、メルカリ内で素材の配布がスタートした。16日にはクリエイター向け説明会を開催。1月23日にメルカリ内での販売を解禁する。

 この企画により、「ファンコミュニティによる二次創作グッズの作成・流通が盛り上がり、作品ファンのコミュニケーション増加・コミュニティ活性化のきっかけになることを期待している」という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.