ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年12月12日 14時56分 UPDATE

USJのマリオエリアは「SUPER NINTENDO WORLD」 東京五輪前にオープンへ

USJのマリオエリアは「SUPER NINTENDO WORLD」という名称に。2020年の東京五輪前にオープンする予定だ。

[ITmedia]

 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市)を運営するユー・エス・ジェイは12月12日、任天堂のキャラクター「スーパーマリオ」の世界観をテーマにしたエリア「SUPER NINTENDO WORLD」を、2020年の東京五輪前にオープンすると発表した。500億円以上を投じ、ライドやショップ、レストランも含む巨大複合エリアを建設するという。

画像
画像

 SUPER NINTENDO WORLDでは、任天堂の人気キャラやゲームの世界観を再現。「最新技術を活用した世界初のライドアトラクション」に加え、来場者が自由にインタラクティブコンテンツを楽しめる、プレイグラウンドのようなイメージの「インタラクティブエリア」、ショップ、レストランも配置。1階部分と2階部分に分かれた二層構造の巨大複合エリアになるという。

 任天堂の宮本茂クリエイティブフェローをはじめとした任天堂のクリエイティブチームとユニバーサルのクリエイティブチームが協力し、「クオリティに徹底的にこだわりぬいて再現する」計画。任天堂ゲームの世界を五感を使って1日中楽しめるエリアとして、国内外からの集客を狙う。

 投資額は500億円超。パーク敷地内の駐車場の一部を利用するほか、パーク外にエリアを拡張した上で建築する。

 マリオエリアは日本と米国オーランド、ハリウッドのユニバーサルスタジオに設置する予定だが、日本が世界で最初にオープンする予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -