ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年12月14日 16時16分 UPDATE

ルビーやサファイアの雲が存在? 地球から1000光年先の惑星、英大学が調査

太陽系外の惑星「HAT-P-7b」にルビーやサファイアの雲が存在する可能性があると、英ウォーリック大学が発表。

[ITmedia]

 地球から1040光年離れた惑星「HAT-P-7b」では、ルビーやサファイアの雲が高熱の風に吹かれている可能性がある――そんな研究成果を、英ウォーリック大学がこのほど発表した。

photo 地球外のガス惑星「HAT-P-7b」

 HAT-P-7bは、地球と比べると約15倍大きい太陽系外のガス惑星。研究チームが米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡「ケプラー」で観測したところ、同惑星の夜側の面から雲が発生し、暴風に運ばれて昼側の面で蒸発するという大気循環の仕組みが分かった。昼側の面では、平均気温が摂氏2500度を超えるという。

 研究チームによれば、雲の主成分は「コランダム」という酸化アルミニウムの鉱物。コランダムは混ざる不純物の種類によって、ルビーやサファイアになるため、同惑星にはルビー、サファイアの雲が存在する可能性があるという。

 研究成果は、英科学誌「Nature Astronomy」(電子版)に12月12日付(現地時間)で掲載された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.