ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月14日 16時20分 UPDATE

日本航空とIBM、整備士向けiOSアプリを開発 世界標準を目指す

航空機の整備業務をサポートするiPhone/iPad用アプリを開発した。

[ITmedia]
photo iPhone用アプリ

 日本航空(JAL)と日本アイ・ビー・エムは12月14日、航空機の整備業務をサポートするiPhone/iPad向けアプリを開発し、2017年4月から導入すると発表した。これまで行っていた事務作業を、場所を選ばずアプリ上で行えるという。世界の航空会社が利用する業界標準アプリの立ち位置も狙う。

 同社の整備士はこれまで、整備を行う航空機の飛行予定や整備記録をオフィスに設置されたシステムを操作して確認する必要があった。さらに航空機の整備実施後は、いったん紙に記入した記録をオフィスに戻ってから再度システムに入力するなど、整備業務に煩雑な事務作業が伴っていたという。

 開発したアプリを用いることで、これまでオフィスで行っていた事務作業をiPhone/iPad上で場所を問わず実施できる。さらに画像や動画を活用した関係者間での情報共有や、アラート機能を使った迅速な対応が期待できるという。

 アプリ開発は航空機整備を担うJALエンジニアリングが担当。自社だけでなく、世界の航空会社が活用できる業界標準アプリを目指して作り込みを進めているという。アプリのシステム基盤には、日本アイ・ビー・エムの「IBM MobileFirst for iOS」を採用した。

photo iPad用アプリ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.