ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2016年12月14日 18時05分 UPDATE

カラオケルームをテレワークのスペースに 第一興商、企業向けに実証実験

第一興商が展開する「ビッグエコー」のカラオケルームが、Web会議システムなどを導入。企業向けにテレワークのスペースとして提供する。

[ITmedia]

 第一興商とNTTコミュニケーションズは12月14日、第一興商が展開するカラオケ店「ビッグエコー」の部屋の一部を、企業向けのワークスペースとして提供する実証実験を始めた。Web会議システムなどを導入し、カラオケルームをテレワークに利用してもらう狙い。

photo 利用イメージ

 首都圏12店舗のビッグエコーの約100室に、Web会議システムや無線LANなどを導入。カラオケルームは防音で機密性に優れ、社外での打ち合わせや資料作成など「企業がワークスペースとして十分活用できる」(両社)という。期間は2017年2月末までを予定している。

photo 対象の店舗

 両社は、テレワークや在宅勤務など働き方の多様化が進む一方、社外のビジネス環境は、セキュリティ確保や周囲の騒音などの課題があると指摘。実験で得た知見を基に、テレワークのスペースとしてのカラオケルームの利用拡大を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.