ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月15日 11時33分 UPDATE

米Yahoo!、10億人分のユーザー情報流出 前回は5億人

米Yahoo!が、9月に発表した5億人分に続けて、10億人以上のユーザー個人情報が盗まれていたことが分かったと発表した。盗まれた可能性のあるyahoo.comアカウントには注意喚起のメールが届いている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Yahoo!は12月14日(現地時間)、過去に受けたサイバー攻撃の結果、10億人以上のユーザーの個人情報が盗まれていたことが分かったと発表した。9月に発表した5億人分の情報流出に続くものだ。

 yahoo

 なお、これは米国のYahoo!(Yahoo.com)のメールに関することであり、日本のヤフー(Yahoo.co.jp)とは無関係だ(別記事)。

 Yahoo!によると、この情報流出は2013年8月に受けたサイバー攻撃によるもので、9月に発表した件とは別という。

 盗まれたのは、ユーザーの名前、生年月日、メールアドレス、電話番号などで、クレジットカードや銀行口座の情報は含まれていないとしている。

 同社は被害を受けた可能性のあるユーザーに連絡し、パスワード変更などを促している(以下は本稿筆者に届いたメールだ)。

 yahoo 2 対象ユーザーに送られたメール

 同社は7月、主要事業を米Verizonに48.3億ドルで売却すると発表したが、相次ぐ情報流出の発覚は、この取引に大きく影響を与えそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -