ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月21日 08時15分 UPDATE

「AirPods」をiFixitが分解──修理しやすさは“0点”(修理不能)

Appleが12月に予定より約2カ月遅れて出荷した無線イヤフォン「AirPods」をiFixitが分解した。本体は大量の接着剤が充填されており、バッテリーケースは傷つけずには分解できなかった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleの一連のモバイル製品の分解マニュアルを掲載しているWebサイトiFixitが12月20日(現地時間)、米Appleが13日に発売した無線イヤフォン「AirPods」の分解レポートを公開した。

 pods 1 分解されたAirPods

 AirPodsとそのバッテリーケースの両方を分解した。AirPods本体は棒状になっている部分にコードなどの部品がぎっしり詰まっており先端は大量の接着剤で封じられている。バッテリーケースは外側を傷つけずに分解することは不可能だった。iFixit恒例の“修理しやすさ”判定は10点満点中0点になった。

 pods 2 無残にむかれたバッテリーケース

 AppleはAirPodsの修理サービス料金を、ケースは49ドル、本体は片方69ドルとしている。恐らく修理ではなく新品との交換になるのだろう。

 この分解で、本体のバッテリーは93ミリワット時であること、ケースのバッテリーは1.52ワット時であることなどが分かった。

 ケースについては、レントゲン写真を撮影したところ、基板のハンダ接合部にボイド(ハンダで発生する気泡)が見られた。iFixitは、これが出荷が予定より遅れたことに関連するのではないかと推測している。

 豊富な写真や部品のメーカー名なども掲載されているiFixitのレポートはこちら

変更履歴:当初、ケースの基板の問題についての説明部分が不正確でした。お詫びして訂正いたします。[2016/12/21 21:50]



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.