ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年12月21日 12時49分 UPDATE

ねっと部:AirPodsをなくさないためのピアシングが意外とおしゃれ

AirPodsの紛失が心配になったニューヨーク在住のデザイナーが、耳に0ゲージ(直径8ミリ)のAirPods専用ホールを開け、おしゃれな装着画像をツイートした。

[ITmedia]

 米Appleが12月13日に発売した「AirPods」は、完全無線で、耳の穴に引っ掛けるタイプのため、発売前から「紛失しそう」という声が多かった。

 hole 1

 そこで、ニューヨーク在住のソフトウェアデザイナーのアンドリュー・コーネット氏が、究極の紛失対策をツイートした。耳たぶに開けたピアスホールにAirPodsの棒状になっている部分を差し込むのだ。


 なかなかインパクトのある画像だ。同氏によると、この穴は0ゲージ(直径8ミリ)。そこにリング状のピアスをはめ、AirPodsの棒の部分を差す。ちなみに、ピアスホールとしての最大は00ゲージ(10ミリ)だ。

 AirPodsが紛失しやすいことはAppleも認めているのか、紛失した際の対応は他の同社製品とは異なり、片耳分だけでも69ドルで提供すると修理サービス料金ページで説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -