ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月27日 13時38分 UPDATE

「あけおめLINE」はWi-Fi使って――LINEが注意喚起 通信キャリアの負担を懸念

LINEが、元日に「あけおめ」メッセージを送る際、スマホの通信回線ではなくWi-Fiを利用するよう注意喚起。

[ITmedia]

 LINEは12月26日、メッセンジャーアプリ「LINE」で大みそかから元日にかけて「あけましておめでとう」などのメッセージを送る際、スマートフォンの通信回線ではなくWi-Fiを利用するよう注意を呼び掛けた。

photo LINE公式ブログより

 元日の午前0時前後からの約30分間は、通話やメールなどで「あけましておめでとう」の送受信が集中し、通信キャリアの回線が混雑してつながりづらくなる恐れがある。LINEは通信キャリア側の負担を軽減するため、スマホの通信回線(4G/3G/LTE回線)の利用を控え、自宅や公共の場などの無線LAN(Wi-Fi)でLINEを使うよう促している。

 LINE側もサーバ増強や、通信キャリアと連携した通信トラフィック負荷のモニタリング、負荷が高まる期間のLINEメッセージ配信の制限など「できる限りの対策を進める」としている。

photo LINE公式ブログより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.