ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2016年12月27日 14時01分 UPDATE

SMAP解散は「極めて残念」 菅官房長官がコメント 「特別なオンリーワン」と活躍期待

菅官房長官は27日の記者会見で、SMAP解散に関するコメントを求められ「極めて残念」などと述べた。

[ITmedia]

 アイドルグループ「SMAP」が12月26日、最後のテレビ番組出演を終えた。菅義偉官房長官は27日の記者会見で、SMAP解散に関するコメントを求められ「極めて残念」「またいつの日か一緒になってテレビで活躍することをファンは期待しているのでは」などと述べた。

画像 記者会見の動画より

 会見の最後に、フジテレビの記者がSMAP解散に関する感想を求め、応じた。

 SMAPについて「国民的なアイドルグループとして今日まで長きにわたって続き、多くのヒット曲を生み出すとともに、テレビの中では大きな存在だった思う」とコメント。解散は「きわめて残念」とし、「グループとしてだけでなくメンバー1人1人がそれぞれの個性あふれた才能を発揮し、いろんな分野で活躍した」と評価した。

 今後は「それぞれの道をしっかり歩んで、それぞれ特別なオンリーワンとしてファンのみなさんに夢と希望を与えていただけるように活躍していただきたい」と、SMAPのヒット曲「世界に1つだけの花」の歌詞を引用して述べた上で、「またいつの日か一緒になって、テレビで活躍することをファンのみなさんは期待しているのではないか」と話した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -