ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月06日 11時00分 UPDATE

CES 2017:2ちゃんねるも参考にした──ThinkPadの新色「シルバー」が生まれた理由

「ThinkPad」シリーズといえば四角くて黒いボディーが定番だが、2017年の新モデルには新色としてシルバーが追加された。その理由とは?

[山口恵祐,ITmedia]

 中国Lenovoはこのほど、ノートPC「ThinkPad」シリーズをアップデートし、ラインアップの一部にカラーバリエーションとしてシルバーを追加すると発表した。新色追加にあたって実施した市場調査では、日本の匿名掲示板「2ちゃんねる」も参考にしたという。

photo 新モデルのシルバーモデル

 ThinkPadシリーズといえば、多くの人が“黒くて四角いノートPC”を連想するほど、伝統的で揺るぎない個性を持つブランド。「ThinkPadと言えば黒」これは2005年にThinkPadを含むIBMのPC事業がレノボに買収された後も変わりない。

photo 従来からなじみのあるブラックモデル

 それほどまでに強烈なアイデンティティーを持つThinkPadに、なぜ新色のシルバーを追加したのか。米ラスベガスで開催中のCES 2017で、Lenovoのプライベートブースにいたハードウェア担当のケビン・ベックさんに尋ねたところ、その理由を次のように語った。

 「ユーザーのニーズを探るために、Web上のありとあらゆるユーザーフォーラムを参考にした。Amazon(のカスタマーレビュー)やブログ……日本の“2ちゃんねる”も参考にしている」(ケビン・ベックさん)

photo Lenovoのケビン・ベックさん

 ユーザーが欲しているものを探るために、ThinkPadについて議論しているさまざまなWebサイトでユーザーの声を多く収集してきたという。その中で、年配者がノートPCのボディーカラーに伝統の黒を好む一方、若者はシルバーを好んでいることが分かったという。

 「15周年を記念したスペシャルモデルなど、ThinkPadにはシルバーモデルをたびたび登場させてきた。ThinkPadが重視しているのは、使い勝手とユーザー満足度。新色も塗料が異なるだけで、材料や従来から続く品質はブラックモデルと変わらない」(ケビン・ベックさん)

photo
photo

 来年以降の新モデルでシルバーのカラーバリエーションが引き続き採用されるかは未定であり、今回のシルバーモデル投入は試験的な意味合いもあるという。これまで、Web上で「シルバーのThinkPadが欲しい」と書き込んだことがあるユーザーは、その声がメーカーに届いたことになるのかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -