ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年01月10日 15時10分 UPDATE

CES 2017:天井にドローン搭載 ベンツが提案する未来の宅配用コンセプトカー

独Mercedes-Benzが、宅配用バンのコンセプトモデルを出展。荷台はロボット、天井には配達用ドローンを搭載する。

[山口恵祐,ITmedia]

 独Mercedes-Benzは、米ラスベガスで開催された家電見本市「CES 2017」(1月5〜8日、現地時間)に、運送業者向け宅配用バンのコンセプトカー「Vision VAN」を出展した。荷台部分をロボット化して荷物取り出しを効率化し、天井部分には配達用ドローンの基地を設置するなど、未来の宅配用車両のアイデアを盛り込んでいる。

photo 宅配用バンのコンセプトカー「Vision VAN」

 荷台に機械式の自動運搬システムを搭載。自動運転でクルマが目的地に近づくと、そこに届ける荷物が荷台を移動し、運転席近くに設置された小窓から取り出せる。配達員の負担軽減や効率化、省スペース化を見込めるという。

 天井には配達用ドローンのベースを設置し、配達員が荷物を届けている間に、ドローンが別の届け先に自動で荷物を配送できる。

photo
photo
photo 運転席近くの小窓から荷物を取り出せる
photo 運転席
photo 天井に設置されたドローン
photo 現行の配送用バン

 2016年12月に、アマゾンジャパンが日本の配送センターにロボットを導入するなど、物流の現場にロボティクスを活用した効率化の波が迫っているが、配送用バンにも同様の動きが期待される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.