ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月12日 09時28分 UPDATE

Facebookページ、Webブラウザからのライブ配信が可能に 動画中挿入広告機能も

Facebookがページオーナー向けに、これまでスマートフォンからのみ可能だったライブ動画配信をデスクトップからも可能にし、動画の再生途中に差し込む動画広告サービスを提供すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは1月11日(現地時間)、「Journalism Project」の一環として、Facebookを利用するメディア向けの幾つかの新ツールを発表した。段階的に提供していく計画。

 まず、Facebookページオーナーは「ライブ動画」をWebブラウザから配信できるようになる。現在はスマートフォンのアプリからのみ可能だが、新機能によりメディアは高機能な機材による高品質なライブ動画を配信できるようになる。

 また、これまでFacebookページとしては管理者のみがライブ動画を配信できたが、管理者が承認したチームメンバーもライブ動画を配信できるようになる。

 video 1 ライブ動画配信可能メンバーの指定

 5000人以上のフォロワーを持つページであれば、モバイル端末で簡単にチェックできる動画関連インサイトツールも利用できるようになる。

 video 2 動画インサイトツール

 さらに、動画に差し込む動画広告サービスも開始する。詳細はまだ発表されていないが、米Recodeによると、広告は動画を最長20秒再生した後に挿入されるものになるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -