ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月19日 19時03分 UPDATE

Appleの「Logic Pro X」が「Touch Bar」対応、「GarageBand」にはAlchemy

Appleの音楽制作アプリ、「Logic Pro X」と「GarageBand」がそれぞれ大幅にアップデートした。Logic Pro XはMacBook Proの「Touch Bar」に対応し、タイムラインを俯瞰したり、キーボードやドラムにしたりできる。

[ITmedia]

 米Appleは1月19日、音楽制作アプリの「Logic Pro X」と「GarageBand」を大幅にアップデートしたと発表した。既存ユーザーは無償でアップデートできる。

 プロ向け音楽ツールのLogic Pro Xはバージョン10.3になり、「MacBook Pro」の「Touch Bar」に対応した。タイムライン概要でプロジェクト全体を一目で確認したり必要な位置に移動したり、選択中のトラックについて音量やSmart Controlを操作したりできる。また、Touch Barをピアノの鍵盤にして演奏したり、ドラムパッドとしてビートを刻むこともできる。

 music 1 Touch Barをキーボードやドラムとしても使える

 この他、任意のトラックにあるリージョンや編集部分を組み合わせて複数のプレイリストを作成し、それらを切り替えて試せる「代替トラック機能」や、エフェクトを組み合わせてオーディオリージョンに適用する「選択ベース処理」などの新機能が追加された。

 バージョン2.2になったGarageBandの最大の新機能は、これまでLogic Proで利用できたシンセサイザー「Alchemy」が利用できるようなったことだろう。この他、マルチトラック録音機能、Audio Recorderの再設計など、多数の改善が施された。

 music 2 GarageBandにもAlchemyがやってきた

 Logic Pro Xの新規購入価格は2万3800円、GarageBandは最近のiOS端末にはプリインストールされている。App Storeから600円で購入することも可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.