ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月20日 18時10分 UPDATE

ドコモ、離れた家族を見守るぬいぐるみ型ロボ「ここくま」発売

ボイスメッセージ送受信機能や、ユーザーの見守り機能を備えるクマのぬいぐるみ型ロボットを発売。

[ITmedia]

 NTTドコモら4社は1月20日、人感センサーを搭載したぬいぐるみ型コミュニケーションロボット「コミュニケーションパートナー ここくま」を25日に発売すると発表した。本体価格は3万4800円で、サービス利用料は月額1980円(いずれも税別)。全国の百貨店などで販売する。

photo

 遠くにいる家族のスマートフォンなどとボイスメッセージを送受信したり、人感センサーで人を感知して天気や季節の話題、ユーザーの名前をしゃべったりできるクマのぬいぐるみ型ロボット。専用アプリをインストールした家族のスマートフォンから、ここくまが利用されているかを確認できる見守り機能も備える。

photo

 本体サイズは210(幅)×200(奥行き)×280(高さ)ミリ、重さ約760グラム。

 開発はドコモとバイテックグローバルエレクトロニクス、ムーアドール、電動動物玩具の設計ノウハウを持つイワヤが手掛けた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.