ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年01月26日 08時58分 UPDATE

「Firefox 51」公開、安全でないHTTPサイトに警告表示

Firefox 51からは、パスワードの入力を求めながらHTTPSを使っていないWebサイトに対して赤い斜め線の入った灰色の鍵アイコンを表示する。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo Firefox 51では、パスワードの入力を求めながらHTTPSを使っていないWebサイトに対して赤い斜め線の入った灰色の鍵アイコンを表示する(出典:Mozilla Foundation)

 米Mozilla Foundationは1月24日、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Firefox 51」をデスクトップ向けとAndroid向けに公開した。

 Firefox 51では通信の内容を暗号化して傍受や改ざんを防ぐHTTPSが普及してきたことを受け、一層のセキュリティ強化を図る目的でアドレスバーの鍵アイコン表示が変更された。

 これまでのFirefoxでは、HTTPSを使っているWebサイトでURLの前に緑色の鍵アイコンが表示され、HTTPSを使っていないWebサイトでは単純にこの鍵マークを表示していなかった。

 しかしFirefox 51からは、パスワードの入力を求めながらHTTPSを使っていないWebサイトに対して赤い斜め線の入った灰色の鍵アイコンを表示する。潜在的リスクを際立たせるのが目的だといい、このアイコンをクリックすると「安全な接続ではありません」という警告が表示される。

 Mozillaのセキュリティ情報によると、Firefox 51では深刻な脆弱性も多数修正された。こうした脆弱性を突かれれば、悪用可能なクラッシュを誘発されたり任意のコードを実行されたりする可能性が指摘されている。これらの脆弱性は延長サポート版の最新版となる「Firefox ESR 45.7」でも修正された。

photo Firefox 51では深刻な脆弱性も多数修正された

関連キーワード

Firefox | Mozilla | セキュリティ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.