ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年01月26日 22時20分 UPDATE

太田智美がなんかやる:「きのこの山」は翻訳できるが「たけのこの里」は認識できず はやりの“リアルタイム翻訳”より高性能? “カメラ翻訳”使ってみた

話題の「リアルタイムカメラ翻訳機能」より性能がいい……とな?

[太田智美,ITmedia]

 米Googleが1月24日(現地時間)にアップデートしたiOS/Android向けアプリ「Google翻訳」の「リアルタイムカメラ翻訳機能」(Word Lens機能)が話題だ。この機能は、街の看板や表札などにカメラを向けると、リアルタイムに画面上で翻訳してくれるというもの。「すげぇ」「カメラを通して見ると電脳メガネっぽくなる」などと盛り上がりを見せている。

 しかし精度はまだまだのようで、Twitterでは誤訳を中心とした大喜利状態に。筆者も試してみたが、うまく翻訳するにはカメラの角度や照明などにコツが必要で難しい。「きのこの山」と「たけのこの里」の箱で翻訳を試みたが、どちらも正しく翻訳されず両者引き分けの状態だ。


Googleリアルタイムカメラ翻訳Googleリアルタイムカメラ翻訳 「come Mountain」「this里」……リアルタイムカメラ機能ではうまくいかない

 そんな中、それらよりも精度のいいとされる“カメラ翻訳”機能(英語・日本語を含む37言語に対応)というものを発見した。スマートフォンのカメラで写真を撮影すると、文字をスキャンして翻訳してくれる機能だ。これは2015年1月にリリースされたものだが、筆者は使ったことがない。

 そこで、リアルタイムカメラ翻訳機能ではうまくいかなかった、きのこの山とたけのこの里がきちんと認識されるか試してみた。


Googleリアルタイムカメラ翻訳

Googleリアルタイムカメラ翻訳 リアルタイムカメラ翻訳機能を使うと、このように表示される

 すると、両者で大きな違いがみられた。きのこの山は「Mountain of Mushroom」と翻訳されるが、たけのこの里は翻訳されない。本来であれば「Village of bamboo shoot」と訳されるはずだが、文字認識すら危うい状況だ。何が問題なのか。


Googleリアルタイムカメラ翻訳 「きのこの山」は正しく翻訳される

Googleリアルタイムカメラ翻訳 一方「たけのこの里」は、「明治チョコスナック」など他の言葉は認識されているにもかかわらず、明らかに認識されていない

 調べてみると、きのこの山は「きのこ」「の」「山」と正しい区切りで認識されるが、たけのこの里は「たけ」「の」「この」「里」や「たけ」「の」「こ」「の里」などと間違った区切りで認識されていることが分かる。文章として認識されず、「it goods this village(それはこの村の品物)」や「bamboo grove(竹林)」となってしまう。


Googleリアルタイムカメラ翻訳 「きのこの山」は「きのこ」「の」「山」と正しい区切り

Googleリアルタイムカメラ翻訳 「たけのこの里」は「たけ」「の」「この」「里」などと間違った区切りで認識

Googleリアルタイムカメラ翻訳 「たけ」「の」「こ」「の里」とも誤読

 因縁の対決“きのたけ戦争”。日本ではたけのこの里が優勢だったが、グローバル化によって事態は一変した様子。“カメラ翻訳”では、きのこの山に軍配が上がった。リアルタイムカメラ翻訳で勝敗が決まる日が待ち遠しい。

太田智美

筆者プロフィール

プロフール画像

 小学3年生より国立音楽大学附属小学校に編入。小・中・高とピアノを専攻し、大学では音楽学と音楽教育(教員免許取得)を専攻し卒業。その後、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科に入学。人と人とのコミュニケーションで発生するイベントに対して偶然性の音楽を生成するアルゴリズム「おところりん」を生み出し修了した。

 大学院を修了後、2011年にアイティメディアに入社。営業配属を経て、2012年より@IT統括部に所属し、技術者コミュニティ支援やイベント運営・記事執筆などに携わり、2014年4月から2016年3月までねとらぼ編集部に所属。2016年4月よりITmedia ニュースに配属。プライベートでは2014年11月から、ロボット「Pepper」と生活を共にし、ロボットパートナーとして活動している。2016年4月21日にヒトとロボットの音楽ユニット「mirai capsule」を結成。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.