ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年01月31日 15時36分 UPDATE

ニフティの個人向け事業、ノジマに譲渡 富士通が正式発表

富士通は、子会社ニフティのISPを中心とする個人向け事業をノジマに譲渡すると正式発表した。

[ITmedia]

 富士通は1月31日、子会社ニフティのISPを中心とする個人向け事業を、4月1日付けでノジマに譲渡すると正式発表した。エンタープライズ向け事業は傘下に残す。

 ISPやWebサービスを含むコンシューマー事業は、富士通が設立予定の100%子会社(名称はニフティ)に継承。同社の全株式を4月1日付けで約250億円でノジマに譲渡する。

画像 富士通のニュースリリースより

 ノジマ傘下でニフティは「IoT領域の中核企業」に位置づけられ、「ニフティのブランド価値、提供サービス、顧客基盤の維持を最優先に、ノジマグループが持つ実店舗網や営業力とのシナジーを活用しながら、引き続き事業を拡大する」としている。

 ニフティクラウドを中心としたニフティのエンタープライズ事業は4月1日以降、富士通の100%子会社「富士通クラウドテクノロジーズ」として展開。ニフティクラウドを引き続き提供するほか、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」にニフティクラウドを加えるなど、富士通との緊密な連携を図っていく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.