ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年01月31日 20時05分 UPDATE

ノジマのニフティ個人向け事業買収で「デイリーポータルZはどうなる」「カルカルは」の声 両社に聞いた

ノジマがニフティの個人向け事業を4月1日付で富士通から譲り受ける。デイリーポータルZや東京カルチャーカルチャーなどの既存事業はどうなるのか、ノジマとニフティに聞いた。

[本宮学,ITmedia]

 富士通が1月31日、子会社であるニフティの個人向け事業を4月1日付でノジマに譲渡すると発表した。これを受けてネットでは、ニフティが運営している面白コンテンツサイト「デイリーポータルZ」やイベント会場「東京カルチャーカルチャー」(カルカル)は今後どうなるのか――といった声も上がっている。買収後の方針を、ノジマとニフティそれぞれに聞いた。

photo デイリーポータルZ

 ノジマ経営企画室の村上正和さんは、ITmedia NEWSの取材に対し「買収後も、ニフティが手掛けるデイリーポータルZや東京カルチャーカルチャーは今まで通り運営していく」と話す。ブランド名称の変更なども予定していないという。

 一方、ニフティ経営戦略推進部の林丈博部長も「ISP事業の@nifty(アット・ニフティ)の会員基盤や、デイリーポータルZ、カルカルは、基本的にそのまま残していきたい」と話す。

photo デイリーポータルZの取材光景がGoogleマップにキャッチされ、「ストリートビューに謎のハト人間がいる」と話題になったこともあった

 富士通傘下の別会社に残る「ニフティクラウド」などの法人向けクラウド事業も「ブランドは変えず、継続的に展開していく予定」(林部長)。ただし個人向け事業との分社化後は「富士通グループ内での事業強化に向け、さまざまな検討が行われる可能性もある」としている。

買収の狙いは

 ニフティのコンシューマー向け事業は、富士通が設立予定の100%子会社(名称はニフティ)が継承。同社の全株式を、ノジマが4月1日付で約250億円で譲り受ける。

 ノジマはニフティの個人向けISP事業を買収する狙いとして、家電量販店で商品を購入した人向けに、ニフティのインターネット接続サービスを合わせて提供する――といったシナジーを見込んでいる。このほか、ニフティのアプリ開発力にも期待しているという。

 「最近は白物家電でもネットにつながるサービスが注目が集まっている。そうしたWebアプリケーション開発などの点でもニフティには期待したい。ノジマが強みを持つハードの販売に、ニフティのソフト開発面の強みを掛け合わせていければ」(村上さん)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -