ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年02月07日 12時10分 UPDATE

雪ミクとコラボした世界初の実証実験 Androidで空間認識「Tango」活用で

Googleの空間認識技術「Tango」を活用した実証実験を北海道で行う。

[ITmedia]
photo 「SNOW MIKU 2017」メインビジュアル

 KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアは2月7日、対応Android端末で利用できるGoogleの空間認識技術「Tango」を活用した、仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を新千歳空港(北海道)などで実施すると発表した。周囲の環境に合わせて変化するコンテンツを画面上で体験できるという。同技術を使った仮想キャラクターによる案内サービスは世界で初(同社)。期間は10日から12日まで。

 実施は「雪ミクスカイタウン」(北海道新千歳空港ターミナルビル4階)と「サッポロファクトリーアトリウム」(北海道札幌市中央区北2条東4丁目)の2会場。来場者に貸し出されるTango対応スマートフォン「Lenovo Phab 2 Pro」で専用アプリ「ミク☆さんぽ」を起動してカメラをかざすと、展示されている絵や周囲の環境に「雪ミク」が反応するという。

photo
photo

 Tangoは、カメラとセンサーのみで周囲の3次元空間を認識できる空間認識技術。各会場に設置されたデバイスでのみ本実証実験を体験できる。KDDIおよびauショップにおけるLenovo Phab 2 Proの取り扱いは未定という。

 雪ミクは「さっぽろ雪まつり」に初音ミクの雪像が展示されたことをきっかけに生まれた派生キャラクター。初音ミクを企画・開発したクリプトンが北海道札幌市に所在することから、雪ミクを主役にしたイベント「SNOW MIKU 2017」が毎年開催されている。今年で8回目。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -