ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年02月07日 17時49分 UPDATE

高速道路を“一時退出”できる「賢い料金」試験導入 「道の駅」立ち寄り無料に

高速道路から降りて道の駅に立ち寄っても、追加料金を徴収しないサービス「賢い料金」を国交省が試験導入へ。

[ITmedia]

 国土交通省は2月7日、高速道路から一時的に退出し、一般道の道の駅などに立ち寄れるサービス「賢い料金」を今夏から試験導入すると発表した。対象は群馬県、愛知県、山口県にある合計3カ所の道の駅。

photo

 高速道路を降りて道の駅に立ち寄り、約1時間以内に高速道路に戻れば、降りなかったものと見なして料金を再徴収しないサービス。国交省が推進しているETC2.0対応機器の搭載車が対象で、対応する道の駅は「玉村宿」(群馬県)、「もっくる新城」(愛知県)、「ソレーネ周南」(山口県)の3カ所。

 国交省によれば、日本国内の高速道路には、休憩施設同士の間隔が25キロ以上離れている“空白区間”が約100カ所存在するという。高速道路からの一時退出を可能にすることで、休憩施設の不足に対応する狙いだ。

 今後は空白区間の半減を目指し、対象の道の駅を追加する予定。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -