ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年02月08日 12時34分 UPDATE

ネット年鑑「インターネット白書」2016年版無料公開 トータル20年分、全文検索もOK

「インターネット白書」の2016年版が無料公開。1996年の創刊号から全20年分を閲覧できるようになった。

[ITmedia]

 インプレスR&Dなどで構成するインターネット白書編集委員会は2月7日、日本のインターネットの動向を記録した書籍年鑑「インターネット白書」の2016年版のPDFデータを「インターネット白書ARCHIVES」で無料公開した。

画像 公開された16年版

 インターネット白書は、ネットの技術や市場動向、社会との関係などをまとめた年鑑。前年分までをWebで無料公開する取り組みを2014年から始めており、1996年の創刊号から全20年分を閲覧できるようになった。

 16年版では、定額コンテンツ配信や国内のシェアリングエコノミー事業者の動き、個人情報保護法改正の論点などをまとめたほか、20年分のネットの動きを一覧する「インターネット20年年表」も掲載した。

 17年版の書籍も発売。「IoTが生み出す新たなリアル市場」と題し、IoTやブロックチェーン、VRなどを採り上げる。電子版は1800円(税別、以下同)、印刷版は2800円。

画像 17年版の紹介

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.