ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年02月09日 13時04分 UPDATE

ダース・ベーダー卿率いるメタルバンドがアルバムデビューし大英帝国侵略中

クラウドファンディングで支援を受け、11曲からなるフルアルバムを制作。現在、英国をツアーしている。

[松尾公也,ITmedia]

 ダース・ベーダー卿、ボバ・フェット、ストーム・トゥルーパー、シャドー・トゥルーパー、そして真紅のインペリアル・ガードの5人から構成されるメタルバンドが2月3日、フルアルバムデビューした。

photo Galactic Empire

 バンド名は「Galactic Empire」とストレートな名前で、「スター・ウォーズ」シリーズに登場した楽曲をインストで演奏する。ボーカリストはいないが、ギターを担当するベーダー卿の「コーッ、ホーッ」という呼吸音は時折聞こえてくる。ドラムはボバ・フェット、ベースはストーム・トゥルーパー。ギターは3人構成で重厚なギターオーケストレーションを奏でる。

 2015年末にスター・ウォーズのメインテーマを演奏したYouTube動画が初公開され評判を呼んだ。

photo ギターをフォースで呼び寄せるダース・ベーダー

 その演奏風景動画では、途中までは完璧なプレイだったのだが、ボバ・フェットが「カーット! カーット! スネアが破れた」と叫んで演奏中断。「スネア、交換いたしましょうか?」との帝国軍兵士からの提案に、「It's no good to me dead」と答える。ハン・ソロと同様、スネアも「殺してはならぬ」とバウンティ・ハンターらしい職業倫理だ。

photo ソロ、じゃなかった、スネアは生かしておけ

 その後、ギターのチューニングが狂っていることに気づいたベーダー卿が「わたしのギターをセットアップしたのは誰だ」と静かに言い放ち、帝国軍兵士のボーヤをフォースグリップで締め上げてしまうなど、ロックミュージシャンらしい気性の荒いところも見せる。

photo チューニングがおかしいことに気づいてしまった
photo ベーダー卿のボーヤをやるのにはリスクが伴う

 2月3日には11曲からなるフルアルバムでデビュー。iTunes Storeなどで販売されている。米国iTunes Storeのメタルチャートで1位を獲得するほどの人気となった。現在は大英帝国を侵略中だ

photo カンティーナのあの曲までレパートリーに
photo バンドロゴは「帝国の逆襲」風

 このフルアルバム制作とツアーに関しては、Kickstarterで「力を合わせて銀河を支配しようではないか」支援を募り、目標を達成した。

 なお、このバンドはDisney、Lucasfilmとは無関係で、映像のレンズフレアについてもJ・J・エイブラムズとの関連性はまったくないと説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.