ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年02月10日 11時45分 UPDATE

二足歩行の“下半身ロボット”「キャシー」発売へ(どつかれる動画あり)

オレゴン州立大学からスピンオフした新興企業Agility Roboticsが、二足歩行で“人間が歩くところならどこでも”歩けるというロボット「CASSIE」(キャシー)を発表した。近く“腕”も追加する予定だが、現行モデルは下半身だけが歩いているように見える。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米新興企業Agility Roboticsは2月8日(現地時間)、二足歩行ロボット「CASSIE」(キャシー)を発表した。第2四半期に完成する予定の製品は既に完売しており、第3四半期分の予約を受け付けているという。

 cassie 1 CASSIE

 キャッチコピーにあるように、CASSIEは人間が歩けるところであればどこにでも歩いて行くよう設計されている。用途は、災害時や戦場など、危険な環境での調査から物の搬送まで様々だ。例えば火災現場に生存者がいるかどうかを消防士に代わって調べに行ったり、トラックで運んだ貨物を顧客の家のドアまで運んだりすることを想定している(将来的には“腕”を追加する計画)。

 同社が公開したYouTube動画では、スクワットをしたり、野外を歩いたりする様子を見ることができる。

 cassie 2 スクワット中にはたかれるCASSIE

 安定性を確認する動画では、Boston Dynamicsの動画でお馴染みの(安定性のテストのため)足蹴にするシーンもあり、2、3歩よろめくが倒れはしない。

 同社は、オレゴン州立大学出身のミハイル・ジョーンズ氏、カーネギーメロン大学出身のダミオン・シェルトンCEOとジョナサン・ハーストCTOが2015年に共同創業したオレゴン州に拠点を置くロボットメーカー。ハースト氏がIEEEに語ったところによると、CASSIEが転んでも自力で立ち上がれるように近く“腕”を追加する計画という。販売価格は公表していないが、10万ドル以下にしたいと語った。

 以下に、CASSIEの動画(3本目はオレゴン州立大学が公開したもの)を転載する。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.