ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年02月13日 15時19分 UPDATE

スマホケースが震えて道案内 暗闇でもわかる NTTデータが実証実験

ユーザーを進行方向に引っ張るかのように、スマホケースが振動して道案内する実証実験をNTTデータが始める。地磁気情報も活用し、GPS信号が届かない屋内でも使えるという。

[ITmedia]

 NTTデータは2月13日、スマートフォンケースを振動させてユーザーに進行方向を伝える「触角を使った屋内ナビゲーション」の実証実験を今春始めると発表した。ユーザーがスマホ画面上の地図を見なくても、直感的に進行方向が分かり、暗闇でも安全に目的地に向かえるという。

photo

 進行方向に引っ張られているかのように感じる振動を発生させる技術「ぶるなび」を、スマホケースに搭載。ナビゲーションアプリを入れたスマホが進路をBluetooth経由でケースに指示し、ケースが振動して進行方向を知らせる仕組みだ。

 暗闇や煙霧など、視界がはっきりとしない場所でも安全にルートを伝えられるほか、商業施設でのバリアフリーな購買誘導にも役立つという。

 自然の地磁気情報を活用した位置情報測定システム(伊GiPStech製)も組み合わせ、GPS信号が届かない商業施設内でも使えるという。2017年春頃にイタリア国内の製造業者向けに実証実験を予定する。

photo

 同技術は「NTT R&Dフォーラム」(2月16〜17日、NTT武蔵野研究開発センタ)に展示される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.