ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2017年02月14日 08時09分 UPDATE

有機EL採用の次期iPhoneはバッテリー容量アップ?

おなじみKGI予想に、お宝独自の詳しすぎる解説を追加。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 KGI Securitiesのアナリストであるミンチー・クオ(郭明錤)氏は、次期iPhoneの有機EL採用モデルは、現在の10層プリント配線板から、リジッドフレックス基板を重ねて合計20層となる高積層プリント配線板を採用することにより、基板の小型化を実現し、バッテリー容量を約50%アップすると予想している。9to5Macが伝えている

photo

 有機EL採用により従来型の液晶ディスプレイより約30%消費電力を下げることが可能になるので、バッテリー容量アップとの相乗効果により、駆動時間が大幅に延びる可能性が高そうだ。

 有機ELは、Apple Watch、Touch Barなどで採用済みで、画面焼き付き防止のため、黒い背景となるUIに変わる可能性もありそうだ。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.