ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年02月14日 18時31分 UPDATE

3月末で1500億円の債務超過:東芝、12月末時点で債務超過に転落 原発損失は7125億円

東芝によると、16年12月末時点で株主資本はマイナス1912億円だった。

[ITmedia]

 東芝は2月14日、2016年4〜12月期の連結業績見通しを発表した。米原発事業で7125億円の損失を計上する結果、最終損益は4999億円の赤字。この結果、12月末時点の株主資本はマイナス1912億円と、負債が資産を上回る債務超過に転落する。

photo 12月末時点で債務超過に転落=東芝の発表資料より

 同期の決算をめぐっては、米原発子会社が原発建設会社の買収をめぐって不適切な圧力をかけた可能性が新たに浮上し、調査のため最大1カ月発表を延期。見通しは、確定したものではないが、同社の責任で発表した。

 米原発事業の巨額損失計上を受け、志賀重範会長が引責辞任する。

photo 米原発事業の損失として7125億円を計上

 17年3月期通期の見通しも発表し、営業損益は4100億円の赤字(前期は7087億円の黒字)、最終損益は3900億円の赤字(前期は4600億円の赤字)を見込む。連続で巨額の赤字を計上する結果、資本対策がなければ3月末時点で1500億円の債務超過に陥る。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.