ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年03月23日 19時29分 UPDATE

資生堂、化粧品工場に人型ロボット導入 人間と一緒に組み立て作業

人間の作業者1人と人型ロボット2台が一緒に製品を組み立てるという。

[ITmedia]

 資生堂は3月23日、化粧品の箱詰めなどを行う同社の掛川工場(静岡県掛川市)に、産業用人型ロボットを3月から試験導入したと発表した。形や材質が異なる複数のパーツを、人間の作業者1人と人型ロボット2台が一緒に組み立て、最終製品に仕上げるという。工場への人型ロボットの導入は「化粧品業界では世界初」(同社調べ)。

photo

 人型ロボットが化粧品ケースの組み立てなどを行う一方、人間の作業員は細かい傷などを発見する検品作業に専念。品質の向上につなげる。ロボットを使った生産ラインの開発には、産業用ロボットを手掛けるグローリー(兵庫県姫路市)が協力した。

 資生堂によれば、化粧品の生産ラインは、組み立てる材料が多い上に、レーベルの貼り付けなど工程が複雑で、機械による代替が進んでいなかったいう。今回のロボットの導入で人手に頼った生産体制を見直し、労働力不足などに備えた「人とロボットの協働作業」を目指すとしている。

photo 導入されるロボット
photo 形や材質が異なるさまざまな製品パーツに対応できるという
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.