ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年03月27日 14時21分 UPDATE

データ基盤など開発へ:トヨタとNTT、「つながる車」で協業 18年に実証実験

トヨタとNTTがコネクテッドカー(つながる車)分野の技術開発で協業。

[ITmedia]

 トヨタ自動車とNTT(持ち株会社)は3月27日、コネクテッドカー(つながる車)分野の技術開発で協業すると発表した。2018年に実証実験を実施し、新サービスの実現可能性などを検証する計画だ。

photo 新型「プリウスPHV」ではコネクテッドサービスが充実している

 車から取得するさまざまなデータを活用し、事故防止や渋滞の低減といった課題解決、新しいサービスに必要な技術の開発に共同で取り組む。

 具体的には、(1)車からの大量のデータ取得や、そのリアルタイム分析を実現する基盤構築のための技術開発、(2)大容量データを確実かつ安全に収集するネットワーク技術、(3)第5世代移動体通信技術(5G)を自動車向けに標準化、(4)AI(人工知能)を活用し、ドライバーにアドバイスなどを行うエージェント技術──で協業する。

 NTTグループからNTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、持ち株会社が参加。トヨタは車についての知見とつながる車向けIT基盤の研究開発を、NTTグループはデータ基盤やネットワークサービス、5G、AIなどの技術開発を担当する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.