ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年04月04日 11時41分 UPDATE

Adobe、新フォント「源ノ明朝」オープンソースで公開

7つのウェイトと6万5535の字形を収録した。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは4月4日、米Googleと協力して開発したフォント「源ノ明朝」(Source Han Serif)をオープンソースで公開した。Creative Cloudのフォントライブラリ「Typekit」から利用できるほか、GitHubから入手できる。

画像
画像

 日本語のほか簡体中国語、繁体中国語、韓国語をカバーしたセリフ書体。7つのウェイトと6万5535の字形を収録した。日本語の書体開発にはイワタが協力。「Source Serif」ベースのラテン・ギリシア・キリル文字にも対応した。

 2014年にリリースした「源ノ角ゴシック」(Source Han Sans)と対となるフォント。画面表示向けに最適化しているが、印刷しても美しいという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.