ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年04月05日 11時41分 UPDATE

ビックカメラ、「ビットコイン」を決済手段に導入

ビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店で4月7日から試験導入する。

[ITmedia]

 ビックカメラは4月5日、仮想通貨「ビットコイン」を決済手段として都内2店舗で4月7日から試験導入すると発表した。「国内大手小売店としては初めて」(同社調べ)という。

photo

 導入するのは、ビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店。1回の会計で最大10万円相当まで使え、現金で支払う場合と同率のポイントが付与される。支払いシステムは、ビットコインの取引所などのサービスを手掛けるbitFlyer(東京都港区)が開発協力する。

 仮想通貨をめぐっては、17年4月1日に改正資金決済法が施行され、仮想通貨を取り扱う「仮想通貨交換業者」を登録制にするなどの規制が盛り込まれた。これを踏まえ、ビックカメラは「ビットコインの安全性が向上し、国内での普及が進む」と考え、試験導入を決めたという。すでに普及している海外からの観光客の利用も見込むとしている。

 今後、導入店舗を拡大する場合は、改めて告知するとしている。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.