ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年04月19日 19時15分 UPDATE

JR西、乗務員の「睡眠の質」改善へ センサーで分析 富士通と共同開発

睡眠状態を分析し、睡眠の質を改善するアドバイスを行うシステムを、JR西が乗務員向けに導入する。

[ITmedia]

 JR西日本と富士通は4月19日、乗務員の睡眠状態を分析し、睡眠改善のアドバイスを行うシステムを開発したと発表した。JR西日本の職場への導入を進め、乗務の質の向上につなげる狙い。

photo システムの概要

 乗務員が就寝時にセンサーを装着し、就床・起床時間、就寝中の体の向き、動きの強さなどのデータを計測する。計測したデータを分析し、睡眠の質を改善する食事内容や、運動メニューなど、個々人に合ったアドバイスを行うという。データやアドバイスはWebブラウザ上で閲覧できる。

photo 睡眠状態のデータを収集・分析
photo 個々人にアドバイスを行う

 同システムは、2017年度中にJR西日本の乗務員が所属する全職場63カ所に導入する予定。睡眠状態の改善を進め、乗務の質を向上させ、「さらなる安全安定輸送の実現に取り組む」(JR西日本)としている。富士通は、得られたデータを基に、17年内にシステムの製品化を目指す。

 乗務員の睡眠をめぐっては、17年3月にJR東日本の常磐線で運転士が居眠り運転をしていたことが発覚するなどトラブルが相次いでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.