ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年04月20日 15時16分 UPDATE

誰でも電子書店を作れる「じぶん書店」事前登録スタート 講談社のWebサービス

講談社の電子書籍から好きなものを選んで売れる。売り上げの1割がユーザーに還元される。

[ITmedia]

 講談社は4月20日、ユーザー自らオーナーとなり、オリジナルの“電子書店”を開設できるWebサービス「じぶん書店」(5月15日公開予定)の事前オーナー登録を始めた。販売する書籍の登録など、書店の開設準備を進めてほしいという。開設費用は無料。

photo じぶん書店
photo

 じぶん書店は、講談社が展開する約3万2000点の電子書籍の中から売りたいタイトルを選び、推薦コメントを入れると販売できるサービス。売り上げの10%が専用コインで支払われるアフィリエイト機能を備える。専用コインは、電子書籍の購入や書店に並べられる商品点数の拡張、他のポイントやマイルとの交換などに使える。

 開設するには、登録ページでTwitter、Facebookのアカウントと連携するか、メールアドレス、ニックネームなどを入力する必要がある。

 オープン時には一般ユーザーの書店のほか、漫画『島耕作』シリーズの弘兼憲史さん、『沈黙の艦隊』のかわぐちかいじさん、『ああっ女神さまっ』の藤島康介さんなど、100人以上の作家・漫画家が公式書店を開設するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.